そもそもマーケティングオートメーションとは!?

マーケティングオートメーションによってできること

マーケティング活動は人手によるところが多く、コストも時間もかかりがちでした。また、人による判断ミスや抜けが発生しやすい状況では、有望な見込み客に対して効果的なアプローチができていない状況も多々見受けられました。これらの点を解決できるのが、マーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションとは、営業活動の土台となるマーケティング活動を自動化し、効率よく行えるシステムのことです。マーケティングオートメーションを利用すると、顧客の情報を収集して蓄積し、それぞれの顧客に最も効果的な営業活動を行うことができます。また、情報を集計したり抽出したり分析するなどのアウトプットも簡単にできるので、未来の販売戦略や商品開発にも役立てることが可能です。

なぜマーケティングオートメーションが必要とされているか

マーケティングオートメーションが必要とされる背景にある一つの要因は、インターネットの普及です。インターネットで顧客が主体的に情報収集できるようになったことで、営業活動やマーケティング活動の転換が必要になりました。

また、今までのマーケティング活動に対する効果測定が上手にできなかったことも関係しています。例えば、展示会の出展やパンフレットの作成では、各担当者は達成感こそ感じるものの、実際に成果に結びついていない事例が多く見られました。費用対効果がより強く求められる現在では、単に行動することだけでなく、効果が期待できるアクションが大切になっているため、マーケティングオートメーションで情報を客観的に正確に分析し、より効果的な行動をとることがポイントとなっています。