リードジェネレーションの活用ポイント

リードジェネレーションを行うべき場面とは?

マーケティングオートメーションの中にも色々な項目がありますが、欠かせない項目の一つにリードジェネレーションがあります。リードジェネレーションとは、ネット上や現実世界での見込み顧客を発掘するための活動のことをいいます。ネット上で行う活動例は、各種広告や検索エンジンごとのSEO対策などが挙げられます。現実世界での例は、ビジネス展示会やセミナーなどがあります。

リードジェネレーションを行うべき場面にはまず、新商品やサービスの提供開始時が挙げられます。既存の顧客以外にも大々的なリードジェネレーションを行うことで、見込み顧客になりそうな層への訴求を行います。また、広告の費用対効果を見直したい時にもリードジェネレーションが用いられます。これまでの自社商品やサービスの見込み顧客のイメージを見直し、より高い費用対効果が得られるように活動を行います。

具体的にどう活用する?

では、リードジェネレーションの各手法はどのように活用すればよいのでしょうか。まずは展示会やセミナーなどの現実世界で行う手法ですが、これは良質な見込み顧客を確保するために使うとよいでしょう。企業の展示会やセミナーに参加する人は元々その企業、もしくは提供する商品やサービスに高い関心がある人である可能性が高いです。そうした所に来ることができるという人は限られていますが、その分優良な見込み顧客になってくれる可能性も高くなります。

また、とにかく多くの見込み顧客候補を見つけたいという場合には各種SEO対策を活用すべきでしょう。自社の提供する商品やサービスなどの性質を考え、それを検索する人が追加するワードなどを考慮しましょう。そうした単なるSEOだけでなく、読み物や動画を充実させて多くの人の目を引く、コンテンツSEOという手法もあります。