リードナーチャリングでの活用のコツ

リターゲティング広告を活用する

リードナーチャリングでは、ターゲットの行動や興味を持っているものを可視化することが可能です。その一つの方法として、リターゲティング広告があり、ターゲットのニーズがはっきりと分かるのでアプローチが容易になります。リターゲティング広告とは、一度訪れたサイトの商品が違うサイトに訪れた時も広告として表示される仕組みです。ターゲットの目線に立ってみると、必要な時に必要な情報を手にすることができるので、受動的な情報収集が出来ることが分かります。さらに、企業側も無駄な営業をしなくてよいので、他のことにあてる時間が増えますよね。また、無駄な仕事を減らすことは、企業全体や営業担当のモチベーションアップにも繋がります。

SNSやブログを発信する

リードナーチャリングの活用として、SNSを使うことがあげられます。SNSは、ターゲットを見つけて繋がるまでのハードルがあまり高くありません。なぜなら、SNSは人々の生活の一部になっているので接触するためのハードルが非常に低くなっているからです。メールアドレスを入力する手間が省けたり、他のユーザーに向けて拡散力もあります。これからSNSは、どの企業も取り入れる外せないタッチポイントのひとつになると考えられます。また、自社ブログなどを作成し、ターゲットにとって有益なコンテンツを配信するのも良いでしょう。このコンテンツを見てもらうためには、SEO対策をしっかり行い、自然検索経由でサイト訪問数を増加させる必要があります。